前へ
次へ

治療期間が短く費用も安いブリッジ

歯がぬけてそのままにしておくと、残った他の歯に大きな負担を与えてどんどん抜けていきます。また歯の噛み合わせが悪くなり食事をする時にもしっかりと噛めないので虫歯になりやすくなります。また肩こりが起きたり頭が痛くなったりと体全体の健康に悪影響をおよぼすので、歯を失ったら歯医者で治療を受けることをおすすめします。そして歯の治療法としてブリッジがあります。ブリッジとは歯がない隣接した部分の歯を削って冠をかぶせる治療法で、短期間で終えることができて健康保険は使えるので費用も安くすみます。ただ状態が悪いとこの方法を使えないことがあります。ブリッジの治療はまず隣接する歯を削り、ブリッジを乗せられるようにします。次にブリッジの型をとって仮の歯を入れます。それから型から模型を作り、そこから金属やプラスチックやセラミックなどでブリッジを作成します。そしてブリッジができたら歯にかぶせて終わりです。しかしブリッジの素材により健康保険が使えないです。

Page Top